絶対可憐チルドレン

絶対可憐チルドレン【542話】「黄色いレンガの道(3)」のネタバレや感想!

絶対可憐チルドレン最新ネタバレ感想

絶対可憐チルドレン最新話【542話】が2019年6月12日の週刊少年サンデーで掲載されたので紹介致します!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

  2019年6月12日に発売された週刊少年サンデー28

絶対可憐チルドレン【542話】「黄色いレンガの道(3)」のネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTでお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【絶対可憐チルドレン】の過去ネタバレ話数
  【555話】 【554話】
【553話】 【552話】 【551話】
【550話】 【549話】 【548話】
【547話】 【546話】 【545話】
【544話】 【543話】 【542話】
【541話】 【540話】 【539話】
絶対可憐チルドレン 55巻最新巻無料
今すぐ【絶対可憐チルドレン】の『55巻』を最新刊を無料で読む方法!【単行本】この記事では、毎週水曜日発売の週刊少年サンデーで連載中の人気漫画『絶対可憐チルドレン』の最新刊【55巻】を実質無料で読む方法を紹介します...

絶対可憐チルドレン【542話】「黄色いレンガの道(3)」のネタバレ

前回のあらすじ

・「ウィザード」の秘密基地づくりに任務を忘れ、楽しみ充実感を感じている朧。
・皆本と賢木はドロシーの能力検査トレーニングを行っていた。チルドレンでの育成実績のノウハウがある為、ドロシーの能力は合成能力者でありながら、飛躍的に上昇していた。
・そして、その実験の最中、賢木は皆本の中にギリアムによる精神汚染の片鱗を見ていた。

「ウィザード」とはこんな組織

謎の島にある秘密組織「ウィザード」

命令を下す、司令官皆本、配備されている航空戦力、そして最強のエスパー・ドロシー

これらの紹介が昔の特撮風に描かれる・・・ウィザード広報部の作った、プロモーション用の動画だった。

広報部の男は自信満々に朧にプレゼンをするが

「全ボツです!!」

「広報ビデオに機密情報流してどうするんですか・・・」「もっと毒にも薬にもならない感じで作り直してください」

しぶしぶ引き下がる広報部の男

そこにノックをしながら、賢木が入って来る。

賢木「コーヒーでもいかがですか」

朧「ありがとうございます」「でもいいんですか二人で話すと皆本さんに警戒されますよ」

賢木「あいつは常に警戒してますよ」「洗脳されてもバカになったわけじゃないですからね」

しかし、朧の組織運営能力とドロシーの能力強化のための賢木の生体コントロール能力は今の皆本にとって必要不可欠であり、しっかり仕事をしているぶんにはどうこうという事はないはずだというのが二人の考えだった。

皆本の洗脳に対する賢木の展望

基地や組織が充実しつつある現状で皆本がチルドレンと対決を決断するのも近いと感じている二人

賢木「そのことなんですが」「俺たちは最終的にはチルドレンが勝たなければならないと思っていましたよね」

朧「当然でしょう?」

賢木「俺の見立てでは・・・」

「皆本は『破壊の女王』が誕生することを恐れていてその感情を強化されてしまっています」

朧「チルドレンにわざと負けるように要請するのですか?」

賢木「いや連絡は難しいし」「皆本は八百長に必ず気づく」

「あいつら(チルドレン)には予定通り全力でドロシーを倒しに来てもらう」「そして、それを俺たちが倒せば」

「皆本はその時初めて安堵できるはずです」「その瞬間が」

「洗脳を解く唯一のチャンスなんですよ」

皆本とドロシー

賢木と朧の会話を超能力で見ていたドロシーの本体のほうはベッドで皆本に絵本を読んでもらっていた。

もう少し大きな子供向けの本でもいいんじゃないかという皆本だったが、ドロシーは自分の成長の早さに気づいており、長く子供ではいられないことから、少しでも子供として本を読んでもらいたいのだった。皆本の賢木からドロシーの成長に関しては聞いており、兵部もある時期、成長が急激だったという事を思い出した。

皆本「しかし」「身長が伸びたから大人というわけじゃないし」「のぞむなら絵本くらいいつでも読んでやるよ」

ドロシー「本当!?」

「なら、私は」「ずっとそうしてもらう!!いいな!?」

皆本「?」「ああ、いいよ」

ドロシー「約束だ!」「絶対だからな!」

皆本「わかった、約束する」

ドロシーは自分がチルドレンに勝てば安心するが、そのあと皆本がどうなるかに対する不安があった。

ドロシー〈それでも私は負けない!皆本がくれた力でチルドレンを倒す!〉

 

一方、「破壊の女王号」では、チルドレンたちはドロシーを倒すため気合が入りまくっていた。

悠理「なんでそんな海外でツメを研ぐ強敵みたいなの!?」「敵なの!?」「こっちが敵キャラなの!?」

 




絶対可憐チルドレン最新話の最新漫画を読む方法

絶対可憐チルドレン最新話542「黄色いレンガの道(3)」のネタバレでした!

 

  ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスをU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

絶対可憐チルドレン【542話】「黄色いレンガの道(3)」の感想

何と言っても、やはり賢木センセイは皆本の事を良くわかっているというのが見える話でした。ここの所、ドロシーにスポットが当たりすぎていて、チルドレンたちに割くページが少ないせいか、出オチで全力でギャグを仕掛けるキャラみたいになってます・・・主人公なのに。

 

まとめ

絶対可憐チルドレン【542話】「黄色いレンガの道(3)」ネタバレや感想!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!