線は、僕を描く

線は、僕を描く【最新話13話】「水墨」のネタバレや感想!

線は、僕を描くのネタバレ最新

線は、僕を描く、最新話【第13話】が2019年9月18日の週刊少年マガジンで掲載されたので紹介致します!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

  2019年9月18日に発売された週刊少年マガジン42

線は、僕を描く【最新話13話】の「水墨」ネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTでお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【線は、僕を描く】の過去ネタバレ話数
【25話】 【24話】 【23話】
【22話】 【21話】 【20話】
【19話】 【18話】 【17話】
【16話】 【15話】 【14話】
【13話】 【12話】 【11話】
【10話】 【9話】 【8話】
【7話】 【6話】 【5話】
【4話】 【3話】 【2話】

線は、僕を描く【最新話13話】「水墨」のネタバレ

前回のあらすじ

 

 サークル活動の中で霜介の些細な変化を描いた水墨から感じ取った千瑛。
次の日、湖山の指導を受ける為に自宅に赴いた霜介が目にしたのは、初めて見た湖山の厳しい姿だった。

 

 

線は、僕を描く【第12話】「心のひだ」のネタバレや感想!

 

千瑛の絵

 

 湖山の前で牡丹を描いた千瑛・・・その牡丹を湖西良い絵だと判断するが、湖山険しい表情で本当にそう思うのか?と尋ねる。

 その言葉に重い表情を見せる千瑛と驚く霜介・・・

 今まで感じたことのない緊張感の中、千瑛湖山に指導を願い出たことを西濱の言葉で知り・・・千瑛が自分から指導を願い出たことが自らのせいなのか?と不安に感じながらも、千瑛の描いた絵が霜介には素晴らしいものに見え、湖山の評価の中で千瑛の描いた絵の何が良くないのか考えていた。

 湖山霜介が来ていた事に気づくと、湖栖に絵を描くように言う。
湖栖が描くのをよく見るため千瑛の隣に場所を移した霜介は、千瑛泣きそうになるのを我慢しているのに気づいていたが・・・湖栖が筆を取り描き始めた瞬間から目を奪われていた。

 

それでも・・・

 

 湖栖の筆遣いは、氷の上を滑るようで手数が少なく無駄が無かった
無駄が無く狂いのない調墨は、千瑛の描いた牡丹よりも薄墨と濃墨の差が大きく光るように見え写真のように感じられるほどで、技術というよりも魔術に近い完成された‟美„と表現するのが正しいのかもしれない・・・

 湖栖が描き終わると・・・その絵を見た湖山寂しそうな目を見せ首を横に振る・・・

 すると、その場を離れていた西濱がお茶を持って戻り座るように促す。
重い空気の2人を横に―――霜介湖山が何を言いたいのか考えていた・・・

 お茶を飲み・・・休憩が終わると、次は西濱に描くよう笑顔で促す湖山

 

水墨とは・・・

 

 西濱は、千瑛の筆を借りると霜介の前で描くのは初めてであることを笑顔で言い嬉しそうな感じだった。

 が・・・筆を手に取ると表情は真剣なものに変わっていた。
そして西濱が描き出すと、その躍動感溢れる筆遣いは千瑛よりも速く、全身を使って力強く、美しさよりも強大な強く惹かれる西濱の描く牡丹に霜介は感動し、その先にある答えを知りたく水墨が何なのか・・・と思わさせられていた。

 




線は、僕を描くの最新漫画を読む方法

線は、僕を描く最新話13「水墨」のネタバレでした!

 

  ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスをU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

線は、僕を描く【最新話13話】「水墨」の感想

 

 それぞれが描いた牡丹の違いが分かる霜介の凄さを感じながらも、これまで絵を描くことを見せてこなかった西濱の描いた絵は圧倒的なとも言える表現で作中では描かれていました。

 いつもは、温厚そうに見える西濱ですが・・・水墨を描くときの表情は真剣で、そのギャップが西濱というキャラクターを構成するうえで必要なモノなのでしょう。
 そして、西濱が見せる牡丹は霜介に何を感じさせるのか・・・次回が楽しみです。

 

まとめ

線は、僕を描く、最新話【第13話】の「水墨」ネタバレや感想!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらえたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!