贄姫と獣の王

贄姫と獣の王【最新話65話】「episode65」ネタバレや感想

贄姫と獣の王のネタバレ最新

贄姫と獣の王【最新65話】「episode65」が2019年5月20日の花とゆめで掲載されたので紹

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

2019年5月20日に発売された花とゆめ12号

贄姫と獣の王【最新話65話】「episode65」ネタバレや感想

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTでお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【贄姫と獣の王】の過去ネタバレ話数
  【72話】 【71話】
【70話】 【69話】 【68話】
【67話】 【66話】 【65話】

贄姫と獣の王【最新話65話】「episode65」のネタバレ

前回までのあらすじ

国家転覆を企む狼王フェンリンはレオとの激闘に敗れてしまう。

フェンリルの側近、ニルは主との約束を果たす為、主の命を奪い逃亡した。

レオとサリフィは王都に戻ってきたがレオの容体は、、、

 




魔力を使い果たしたレオ

 

王都に戻ってきたサリフィはレオの部屋に向かう途中でアミトの呼び留められる。

レオの容体を心配するアミトだったが

「うん まだ ちょっと

 でも おーさまがね えっと… 私以外には介抱されたくないなんて言うから」

「あら あら あらっ」

「あっ そういえば 

 ヨルムンガンドさんはもう訓練を再開してるんだって

 アミトさんも気になるでしょう」

そう言って話題をそらしたサリフィは一人でレオの部屋に入ると

フェンリルとの戦いで魔力をほとんど使い果たした

              レオが人間の姿で寝ていた

 

起こさない方がいいと思いつつも持ってきた食事をどうしようかと思いながらサリフィが

シーツに手をかけると     

「…あ  ごめんなさい 起こしちゃった…?」

「………  いや……」

レオは普段人間の姿になってしまった時は薄暗い地下に身を隠している為、不安なのだろうと感じ取ったサリフィ

(この姿を絶対誰にも見られちゃいけない… だから今

          おーさまを守れるのは私だけ

「あ おーさまお腹空いたでしょう ご飯もってきたよ」

随分な量だと言うレオに早く元気になって欲しいからとお粥のスプーンを差し出すサリフィ

「…赤子ではない それくらい自分で…」

「いいの こうさせて

                 私がこうしたいの」

そう言いながらサリフィはフェンリルに囚われていた時の心境を思い出す

(不安だった 

 おーさまのことは信じてた 絶対負けないって でも私自身は…

  もしかしたらもう二度とおーさまに会えなくなるんじゃないかって

 

そんな事を考えていると、レオがサリフィのスプーンからお粥を一口食べる。

サリフィは心底嬉しそうな顔で

 

(こうしてあなたのそんばに戻ってこられたこと本当にうれしいから)

レントとヨルムンガンドの手合わせ

サリフィがレオの看病をしている頃、アミトはヨルムンガンドの元を訪れると

そこでは隊員達の前で怪我負ったレントと近衛隊長のヨルムンガンドが手合わせを行っていた。

負傷中にも関わらず、善戦するレントだったが

ここまでにしよう これ以上は傷に障る

レントが反論しようとする宰相のアヌビスも顔を出し、ヨルムンガンドに賛同する。

ヨルムンガンドはレントから絶対に手を抜くなと念押しされていた為、心境の変化でもあったのか?と問いかけるがレントはもっと強くならなきゃいけないと思っただけだと語り

「今までは…多少敵わない相手がいたって命捨てるくらいのことすれば何とでもなるって  

 思ってた  でもサリフィが言ったんだ

 

 護衛は主を守って死ぬためにいるんじゃない

 主の仕事を最後まで見届けるためにいるんだって

 

 

その発言を聞いたアヌビスは自身の父親が先王を庇って命を落とした時の先王の言葉を思い出した。

 

 


 

『王様… 宰相が アヌビス様が今しがた 息を引き取られました』

臣下が王のために命を捧ぐは当然のこと

           つまらぬことをいちいち報告するでない


 

 

レントは今の自分には敵わない相手がいることを知ったとヨルムンガンドに語ると

「ならば一刻も早くその傷を癒し万全の状態で主を守れるようにならねばならん

      その時ならば私はいつでも相手になろう 王妃親衛隊長ラントベルト

レントは返事をし手合わせに付き合ってくれたことに感謝した

2人の絆と神官の企み

 

サリフィはレオの包帯を変えながらフェンリルについて行った時の心境を話し始める。

 

自らフェンリルについて行った選択は本当に正しかったのかと

それを聞いたレオは珍しく自分の考えを語る

「生きるということは選び続けるということだ

 何を成すも成さぬも     どこへ行くも行かぬも

 その選択を他者に委ねることさえ結局はその道を自分で選んだことになる 

 たとえそれで望まない結果になろうとも

              それが間違いだったと誰が決められる?

                  答えは出るまで誰にも分らない

 生きる限り選び続け…そしてどんな結果に至ろうと

 そこから目を逸らさず向き合わねば前へ進むことはできないのだと…」

レオの話を聞いて以前ガロアが話していたことをやっと実感できたと感じるサリフィ

 

私が心のまま選んでいけるのはおーさまのおかげ

そう言ってレオの手を取ったサリフィは感謝の言葉を述べる

レオも自分自身の選択がサリフィを不幸にしたのではないかと思ったことがあった語る。

 

そう言ってサリフィを抱き締めて

「そんなことはなかったと いつもお前が思わせてくれる いつだってお前が

     私自身を信じさせてくれるのだ

やっぱり魔族でも人間でもレオはレオだね

                   どんな姿をしていてもこんなにあったかい…」

 

2人が抱き締め合いながら互いの絆を深め合っている頃、宮殿の地下には神官が

 

「…一枚岩となった反乱組織はそれが災いして一網打尽 

       それを打ち払った”王”は

               ますます民衆の支持を盤石なものとした…

そうそう期待した通りにはいかないものですね…

                     他力本願では私の目的は果たせない

やはり自分自身の手で見つけなくては…  私に求めるものは必ず存在するはずだ…

 

         この”禁断の書庫の”のどこかに     」

 

そう言って大量の禁断書庫の前に佇んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

花とゆめの最新刊漫画を読む方法

贄姫と獣の王【最新話65話】「episode65」ネタバレや感想でした!

 

  ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新話は読めませんが最新刊が読めちゃうお得なサービスをU-NEXTが開催中なので是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

贄姫と獣の王【最新話65話】「episode65」の感想

レオを献身的に看病するサリフィと弱ったレオが見せる本心にはキュンとしましたね。

2人が分かち合えて本当に良かったですが、宰相と神官には不穏な空気が

アヌビスの真意はまだ解りませんが神官は今回の黒幕のでしょうか、、、、、

反乱分子を一掃しても王様の気が休まる事は中々なさそうですね。

次号6月5日発売の花とゆめ13号ではどんな展開が待っているのか気になります。

まとめ

贄姫と獣の王【最新話65話】の「episode65」ネタバレや感想!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!