かぐや様は告らせたい

かぐや様は告らせたい【最新話146話】のネタバレや感想!

かぐや様は告らせたい最新ネタバレ感想

かぐや様は告らせたい【最新話146話】が2019年7月25日の週刊ヤングジャンプで掲載されたので紹介致します!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

  2019年7月25日に発売された週刊ヤングジャンプ34

かぐや様は告らせたい【最新話146話】ネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【かぐや様は告らせたい】の過去ネタバレ話数
【151話】 【150話】 【149話】
【148話】 【147話】 【146話】
【145話】 【144話】 【143話】
【142話】 【141話】 【140話】
【139話】 【138話】 【137話】
かぐや様は告らせたい全巻無料
『かぐや様は告らせたい』を【全巻無料】で最新刊も読む方法をチェック!週刊ヤングジャンプで多くのファンに愛されている『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』をできれば無料で、そして多く読みたいと思っ...

かぐや様は告らせたい【最新話146話】のネタバレ

前回のあらすじ

・つばめのウソにより終電に間に合わなくなった石上、ワンチャンあるかもとの期待するもゲストハウスに通される。

・しかし、そこにやってきたつばめとベッドの上でセッ・・の一歩手前で付き合ってほしいと告白するもつばめの返事に絶望する石上。

・エレベーターホールで伊井野と出会い、つばめと何もなかったことを話したのだが・・・

 

つばめと石上と伊井野と

ベッドの上の石上とつばめ先輩

石上「ありがとうの気持ち?」

つばめ「わたしだって、こんなことするのは初めてだよ・・・」

「私、たぶん優くんの気持ちに応えられない」

「好きとか嫌いとじゃなくて」「現実的に厳しいと思うの・・・」

「だから、せめてこれ位のことはしてあげようと・・・」

絶望の表情で顔をそらす石上

~エレベーターホール~

伊井野「ば~~~っかじゃないの?」

「そんで、つばめ先輩ほったらかして飛び出して来ちゃったんだ」

「きっと先輩傷ついたよ」

追いすがるつばめ先輩を思い出し、苛立つ石上

石上「じゃあ、どうすればよかったんだよ・・」

「こういうのって好き同士がするもんだろ!」

「同情で、愛してるふりなんてされたくない・・・!」

自らの醜態に悪口しか言えない伊井野をよそに階段で帰るという石上。

階段を下りながら、つばめ先輩を傷つけたことを悔やむ石上。

石上(死にたい)(死にたい)階段のの端に躓き、そのまま階下へ落ちていく・・・

(殺してくれ・・・)

石上「いっつ・・・」落ちて倒れた自分の体の横に伊井野が居た

石上「何・・・してんだよ、伊井野・・・・?」

苦痛の表情のまま、応える伊井野

伊井野「クリスマスに転落死とか・・・、洒落た冗談だわ・・・」

「ほんと、あんたはわたしがいないと危なっかしくてだめね、」「何、泣いてんのよ」

「こっちは泣くほど痛いんだけど」

伊井野の右腕は二人の体の下敷きになっていた。

現在、石上とマキと伊井野とつばめと

廊下でクリスマスにあったことをマキに話す石上。

マキ「いいなあ、ピンク色のクリスマス・・・」「うらやましい・・・・」

石上「ちゃんと話聞いてました?!」

マキ「みんなが私を置いて遠くへ行く、わたしだけひとりぼっち・・・」(泣)

石上「そういう話じゃないでしょ、これ!?」

それから完全に伊井野のパシリにされていて大変であることを話す石上だが

マキ「べったりじゃん」「いいなあ、私も翼君に腕折ってもらおうかな?」

石上「・・・・・・先輩の倫理観、壊れちゃったんですか?」

そこに現れるつばめ先輩、さりげなく去るマキ。

つばめ「このあいだは・・・その・・・」「私、考えなしで、傷つけるつもりは無かったの・・・」

「ごめんね、嫌だったよね」

石上「嫌ではないです」

「僕はああいう事は好き同士がする事だと思っています」「だから」

「先輩にはこれから僕を好きになって貰えるよう頑張ります」

つばめ「・・・・ぽよみがえぐい」(赤面)

石上「ぽよ・・・それってどういう?」

伊井野「石上、喉乾いた」

割って入って来るミコちゃん

石上「わかった、カフェオレでいいか?」「それじゃ、先輩」

マキ「もう少し、タイミング考えてあげなよ・・・」

伊井野「私には関係ないので」

マキ「なんか楽しそうね?」

伊井野「だって、見ましたか今の」「いつもならごちゃごちゃ口答えするのに、今は凄く素直」

「石上、なんでも私のいう事聞くんですよ?」「惨めでいい気味だわ」(暗い笑)

マキ(なんだろう?この子を見ていると古傷が痛む)

(そういう意地っ張りは碌なことにならないからね・・・早い所、目を醒ましたほうがいいよ・・・・)

マキ「それはそうと・・・」

「腕折るのって、痛い?」

伊井野「最初だけ」

マキ「そうなんだ、参考にするね」(笑顔)

石上と藤原

走って逃げてくる藤原と出会う、石上

藤原「いや、ちょっと捕まったらキスされるタイプの鬼ごっこをしてて・・・」

石上「初めて聞くタイプの鬼ごっこですね・・・・」

沢山走り、カロリーを消費したことを口にし、石上にダイエットの結果を聞かれる藤原だが返答は曖昧にダメだったことを示していた。

とにもかくにも喉が渇いたのでタピオカミルクティーを買おうとする藤原に石上がタピオカが高カロリーであり、ラーメン一杯分くらいはあることを告げる、初耳の内容に動揺し、目から光が無くなる藤原。

藤原「タピオカには氷がいっぱい入っていて冷たいから実質、ゼロカロリーだよ?」

石上「どういう理屈ですか?あとそれ氷入ってませんよね?」

藤原「ラーメンがそもそもカロリー低い説・・・」

石上「400㎉を低いというのであれば・・・」

藤原「今年だけでラーメン4杯は食べちゃった!!」

石上「駄目じゃないですか」

藤原「逆に聞きますけど、ラーメン食べることは犯罪なんですか?法律で禁じられてるんですか?」

石上「こっちを悪者にされても・・・・」

「してないくせにダイエットしてるとか言うから話がややこしいんですよ・・・」「欺瞞はやめましょうよ」

「別に太っていても人権は失いませんよ?」

藤原「ラーメンと言えばこの間巣鴨のラーメン屋さんに行ったんです」

そこで、へんなおじいちゃんに遭ったんです。

~エントリーナンバー2 藤原千花の冬休み~につづく




  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

[/box05]

 

現在キャンペーン中

  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

 

かぐや様は告らせたい【最新話146話】の感想

ミコちゃんの腕が折れた原因が分かりましたが、ミコちゃんがかつてのマキちゃんのようになっているのが恐ろしいところです。このままではマキちゃんの二の舞に・・・

そして、とうとうラーメン四天王の巣鴨の仙人が登場かっていう引きですね。かなり最初から存在が明らかになって居ただけに満を持して?なのかな?

まとめ

かぐや様は告らせたい【最新話146話】ネタバレや感想!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!