週刊ヤングジャンプ

ゴールデンカムイ【203話】の最新話ネタバレや感想!「似顔絵」

ゴールデンカムイ最新ネタバレ感想

ゴールデンカムイ【203話】の最新話が2019年6月20日の週刊ヤングジャンプで掲載されたので紹介致します!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 2019年6月20日に発売された週刊ヤングジャンプ29号

ゴールデンカムイ【203話】の最新話ネタバレや感想!「狙撃手の悪夢」

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【ゴールデンカムイ】の過去ネタバレ話数
    【208話】
【207話】 【206話】 【205話】
【204話】 【203話】 【202話】
【201話】 【200話】 【199話】
ゴールデンカムイ全巻無料
『ゴールデンカムイ』を【全巻無料】で最新刊も読む方法をチェック!週刊ヤングジャンプで多くのファンに愛されている『ゴールデンカムイ』をできれば無料で、そして多く読みたいと思ったことありませんか? ...

ゴールデンカムイ【203話】の最新話「似顔絵」ネタバレ!

前回のあらすじ

・静香で出発の為の買い出し中何者かの狙撃をうけて白石が足を負傷してしまう。そんななか狙撃の主を逃げた尾形だと思い込んでいる杉元は殺意をあらわにし走って向かう。

・足を撃たれた白石は、何とか逃げようと知略を尽くす。

・月島軍曹と杉元の言葉を交わさない「連携作戦」で狙撃の主を追い詰め、狙撃の主であるロシア人と杉元の白兵戦が始まる。

・杉元が戦っている相手が尾形でない事に気づき、彼の胸元からこぼれる尾形の似顔絵に気づきます。

言葉をボディランゲージで意思疎通!杉元とロシアの狙撃手ヴァシリが和解

杉元が狙撃手を倒したことを知らず、狙撃手に狙われていると思っている残された一行

「そこの馬橇!!(ばぞり)停まれ!!こっちに来るな!!」

と通行するおじさんを止めますが、狙撃も止み、平和になった道なのでおじいちゃん普通にスルーします。

そんな様子をみて、前回、杉元の走るところを目撃していた月島軍曹は

「どうやら杉元が行ったようだぞ」

前回の作戦が上手くいったことを悟ります。

そして杉元とずっと行動していたアシリパさんは、杉元が心配になったのかすぐに走り出します。

『杉元…!!』

一方杉元は……------------

「お前…尾形の知り合いか?」

どうやらロシアの彼(ヴァシリ)が尾形について何かを知っていることを悟り、ナイフを突き付けて尋問中…。

しかし、言葉がわからないのか、喋れないのか、ヴァシリは自分の自画像と尾形の絵をぶつけてジェスチャーをします。

「なるほど」

と杉元

こうして、以前ヴァシリは尾形に致命傷になるレベルの攻撃を受け、尾形に復讐しようとして探していたという事が杉元にも伝わりました。

「なんだよ お前… 尾形を探してたのか」

さらに似顔絵をつかったボディランゲージならぬ似顔絵ドローイングランゲージは続きます。

「ああ~白石とアシリパさんがいたから」

そうヴァシリは、白石とアシリパさんを見て、尾形もいるだろうと考えていたのです。

「この二人は関係ない」

と、杉元は尾形とキロランケが描かれた似顔絵から仲間であるアシリパさんと白石の似顔絵を遠ざけます。

さらに、怒りを込めて

「悪いのはコイツだッ」ドンッ!

と尾形の似顔絵にげんこつします。

そして、尾形に顎を撃たれたヴァシリもドンッ!と尾形の怒りを似顔絵にぶつけます。

尾形という共通の敵をみつけ、ノッてきたのか杉元それをみて「そうだ いいぞ」と返す。

そして、自分も尾形に網走監獄で頭を撃たれたこと、キロランケと尾形がいつの間に組んでたこと、をなんとか下手な似顔絵を描いて伝えますが、その似顔絵がヤバすぎるので是非、実際に本を読んで見てみて下さい((笑))

意思疎通ができた二人の元へ他の仲間たちが合流、一行は更に犬ぞりを進める…。

似顔絵を用いたコミュニケーションで杉元とヴァシリはなんとか意思疎通します。

そんな中で杉元は、アシリパさんへの思いをヴァシリにポロっとこぼします。

「アシリパさんが見ている世界に俺もいると思うと 何か綺麗なものになった気がして 救われる」

これは、長く戦いに身を投じて心が汚れてしまったと考え、同じになってほしくないという理由からアシリパさんには人殺しをしてほしくないという。

杉元のアツい思いが込められています。そしてそんな杉元のセリフをアシリパさんは何とも言えない表情でたまたま出くわし聞いていたのです。

そして、アシリパさんだけでなく他の仲間たちも杉元とヴァシリの二人がいる部屋へ集まります。

「この男は 国境でキロランケニシパを待ち伏せていたロシア兵の一人だとおもう」とアシリパさん

そして、月島軍曹はヴァシリへ

キロランケの似顔絵を手に「この男は死んだ」

尾形の似顔絵を手に「この男も逃げて行方はわからない」

さらに「我々は子供を取り戻しに来ただけだ 皇帝殺しには無関係だ」と伝えます。

ヴァシリと別れ一行は犬ぞりを進めようとします。

足を撃たれた白石は若干立腹な様子で、ヴァシリに噛みつきます

「ロシアの兵隊さんよお」

「次に人を探すときは まず本人がいないか聞け」

 

 

「人の足を撃ち抜く前になぁ!!」

かなり立腹なご様子。

しかし、ヴァシリは尾形に顎を撃たれ、会話ができません。

そのことを伝えるためか白石にマスクで隠していた口元を見せます。パカッ

「傷のせいでうまく話せないらしい」と杉元

「ひ~~ッ!!」とその口元をみてげっそり顔の白石。

そんなこんなで一行はいよいよソフィアを探し犬ぞりを進め始めます。

ソフィアの元へ犬ぞりを進める一行、ヴァシリや尾形の動向を考えながら橇は進む…

犬ぞりを進め振り返る白石、じっと杉元をみつめ見送るヴァシリを見て

「あのロシア人 付いてくるぞ」

「皇帝殺しの仲間だって まだ疑ってんのかな?」

「キロちゃんが死んだのも嘘だって…」

と疑問を投げかけます。

アシリパさんは答えます

「いや あいつはもうキロランケニシパに興味がない」

「あの似顔絵… 手配書の裏に描かれていた」

ヴァシリについてそして尾形について話をしながら犬ぞりを進める一行…。

杉元は尾形とヴァシリが自分と尾形に対して思っていたような因縁の相手であることを知ったので

「どちらかが死ぬまで やり合うつもりなんだろ 「死んでないなら負けてない」って」とヴァシリの心情を読み解きます。

そしてアシリパさんは尾形について聞きます

「アシリパさんが金塊の暗号を解くカギならまた来る可能性はある」

とやはり、一行を裏切りアシリパさんや金塊を狙う尾形に対しての警戒心や怒りを少なからず持つ杉元。

しかしアシリパさんは少し考えが違う様子で答えます

「でも私を殺す素振りも見せた 本当に金塊が欲しいんだろうか…」

「引っ掻き回して 遊んでるだけかも しれねぇな」

そして、当のソフィアは??

ソフィアを探し橇を進める一行ですが、はたして当のソフィアはどこにいるのでしょうか。

ソフィアを「大陸の方まで探しに行きたいところだけど…」と杉元がぼやきます。

 

しかし、杉元一行はソフィアを探し進んでいますが、それぞれ目的が違います。

月島軍曹たちはアシリパさんを連れて帰るのが最優先。

そして、谷垣もアシリパさんを故郷でまつフチに合わせて元気にするのが目的です。

一行は大陸に向かうのでしょうか?

アシリパさんはソフィアがどこに向かったのかを考えます。

「キロランケニシパとソフィアは大陸で仲間を集めたら日本へ渡る計画だった」

「ソフィアはこのまま大陸に逃げるようなひとじゃない」と…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ロシア日本海岸の港町』

「ケンカだッ ケンカ!」ボゴォン

何者かに殴られる人。

その手の主は、ロシアで杉元たちとも出会っているガンソクです。

「はぁッ☆」と満面の笑みで、相変わらず殴り合いが好きな様子です。

そんな喧嘩のなか

「お前ら引っ込んでな!!」

と謎の声、そうです杉元たちが探しているソフィアが登場します。

「来いよあたしがこいつらの親分だぜ」

そんなソフィアの言葉に対して

「すみませんが男性だけにしてくれないか?」と紳士的な態度で止めるガンソク

ソフィアは止まりません「やさしい男 嫌いダヨ みんな死ぬカラ」

と吐き捨て

 

ゴンッ

豪快な右フックがガンソクの顎を突き刺す

そしてすかさずッーーーーー

右のストレート!

 

ズゴンッ

 

先ほどまで女は殴れないなんて態度をしてたガンソクも圧倒的な強さを前に目を輝かせます。

 

「世界は広い!!」

相手の強さを認めたのか先ほどとは打って変わってガンソクも手加減を止めて殴り返しますが、両者譲らずの攻防へややソフィアが優勢か?

というところで

このままだとガンソクが痛手を負うとソフィアの仲間が銃を威嚇して撃ち、ソフィアを止めます。

拳でわかり合ったといったとこか、ガンソクを気に入ったソフィアは仲間に加えようとします

「ガンソク気に入ったワタシ 一緒にコイ」

ソフィアの仲間はたずねます

「ソフィアはこれからどこへ?」

ソフィアは”でっかく胸を張って”答えます

「私たちの希望と復讐のために北海道へ」

 




ゴールデンカムイの最新巻が読みたい!!

ゴールデンカムイ最新話203話「似顔絵」のネタバレでした!

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

U-NEXTの継続率が高い理由

  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

 

現在キャンペーン中

  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

 

ゴールデンカムイ【203話】の最新話「似顔絵」感想!

 

前回激しい攻防を繰り広げた杉元とロシアの狙撃手、ヴァシリは今回サブタイトルにもある”似顔絵”を用いたコミュニケーションで意思疎通を図ります。

そんな様子がまるで子供のお絵かきの様に描かれていてなんだかおもしろい回でしたね。

そして一行はソフィアを探して犬ぞりを進め、当のソフィアも登場し、以前登場した筋肉で語る系の変態キャラガンソクを引き連れ北海道へ。

次回はソフィアと杉元たちは無事合流できるのでしょうか?

その前になんだか尾形やヴァシリともひと悶着ありそうな予感もしますね。

次回も楽しみです。

まとめ

ゴールデンカムイ【203話】の最新話ネタバレや感想!「似顔絵」をご紹介いたしましたがいかがでししたでしょうか?

次も気になりますよね!

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!