週刊少年マガジン

ダイヤのA act2【162話】のネタバレ|最新話「スーパーコンボ」の感想も!

ダイヤのA act2【最新話162話】が2019年4月10日の週刊少年マガジンで掲載されたので紹介致します!

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

  2019年4月10日に発売された週刊少年マガジン19

ダイヤのA act2【最新話162話】の「スーパーコンボ」ネタバレや感想!

 

ハビ
ハビ
ネタバレ注意ですぞ♪

 

ダイヤのA act2【最新話162話】「スーパーコンボ」のネタバレ

ムーチェ
ムーチェ
前回のあらすじはどんなのだった?

・西東京大会4回線対八弥王子戦。青道高校は勝ち進むことはできるのか、背番号「11」降谷はチームに勝利をもたらすことが出来るのか!?

ムーチェ
ムーチェ
ネタバレはこちら〜!

・持ち前の剛速球を武器に八弥王子の1、2番を討ち取る降谷。完璧ではないが、力みもみられずに調子の良さがうかがえる。前回の登板で不本意な投球になった沢村も熱いゲキをベンチから送る。

・対する八弥王子の3番はセカンド川端。夏の大会を勝ち進むために対戦相手の研究も出来ており、降谷の攻略法として「ボール球には手を出さない。その為には低めの見極めが必須。」という監督の指令を的確にこなし、降谷のストレートをセンターに打ち返す。並のチーム相手であればヒットとなるかと思われたが当たりだったが、セカンド小湊、ショート倉持の青道自慢の二遊間コンビに阻まれてしまい、三者凡退になる。ただ、この後もただでは引き下がらない雰囲気を匂わせる。

・その裏、青道高校は1番の俊足ショート、倉持からの攻撃。八弥王子のマウンドには、背番号1、エースの夏目が先発する。夏目の戦前評価は右のサイドスローで変化球主体、動くボールでゴロを打たせるスタイルが持ち味とのこと。自分のスタイルを崩されずに戦いたい青道バッターの口火を切るように、倉持が初球から痛打。こちらもヒット性の当たりだったが、先程アウトに倒れていたセカンドの川端がお返しとばかりにファインプレー捕球でアウトにする。こうしてお互いに超美技の応酬によりゲームはスタートしたのだった。

ダイヤのA act2の最新巻が読みたい!!

ダイヤのA act2最新話162話「スーパーコンボ」のネタバレでした!

  ここまで読むと文字だけじゃなくてで読みたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

  ダイヤのA act2最新巻・最新話をいち早く読みたい方は是非登録してみてくださいね!

 

ダイヤのA act2【最新話162話】「スーパーコンボ」の感想

・お互いに守備からフィーチャーした展開から始まり、今まであまりなかった立ち上がりの展開だったと思います。青道の二遊間コンビの活躍、八弥王子の川端を始めとしてひと癖もふた癖もあるメンバーがどう戦っていくのかとても注目です!次号が待ちきれませんね!!

 

まとめ

ダイヤのA act2【最新話162話】の「スーパーコンボ」ネタバレや感想!をご紹介いたしました!

いかがでしたでしょうか?楽しんでもらたら嬉しいです!

また次号も楽しみに待ちましょう!!