ちはやふる

ちはやふるのネタバレと最新話の感想【215話】

ちはやふる最新ネタバレ感想

ちはやふる【215話】のネタバレや感想をご紹介致します!

名人戦・クイーン戦の前夜祭に来た千早。

しかし多くの目とプレッシャーに押しつぶされそうになる。

そこに現れた新は千早に「主役とか、緊張するな!千早!」と声をかける。

その言葉に千早は少し緊張をほぐしたようで・・・。

いよいよ前夜祭本番が始まる・・・!!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
music.jp超お得に読むことができますよ♪

 

  1. 30日間は無料体験が可能!
  2. 無料体験の中で961pt(961円分)無料でもらえる♪
  3. もちろん期間内で解約すれば料金はかからない!

<今なら30日間無料体験&961円分のポイントがついてくる>

 

2019年【ちはやふる】の過去ネタバレ話数
【216話】 【215話】 【214話】
【213話】 【212話】 【211話】
ちはやふる全巻無料
『ちはやふる』を【全巻無料】で最新刊も読む方法をチェック!BE・LOVEで掲載され多くのファンに愛されている『ちはやふる』をできれば無料で、そして多く読みたいと思ったことありませんか? こ...

ちはやふる【215話】のネタバレ

それぞれの到着

渡会は前夜祭の会場に到着しました。
マイペースな彼女に「困ってるじゃないの、受付の方が」と言って駆け寄ったのは滋賀大津かるた会でかるた協会理事の山尾。

山尾は今回の審判長、渡会は審判に任命されていました。

2人は、クイーン戦・初の五番勝負に胸をときめかせます。

「長かったわね」

一方、千早は背後から現れた新を見て、びっくりし、そして腰を抜かします。
新は緊張するから、早めに「緊張するー」と言ってしまうと言います。
緊張する気持ちを消そうとすると逆効果なんだとか。

そこに詩暢が現れます。

千早は詩暢の着物に衝撃を受けます。
千早「あの着物は、スノー姫の定番着物の柄と同じ!!」
詩暢「こんばんは。制服でいらしたんや、真面目やねぇ」

会場には、いつもより多いカメラが来ていました。
すみませんうちのカメラが多くて・・・と言う詩暢に、
千早は自分の方も明日は密着取材の続きが入ることを伝えます。

全国放送の千早と地方局の詩暢。詩暢は顔がこわばります。

一方、詩暢と千早の空気をよそに、
詩暢の映像班できていた結川は、前夜祭に現れた往年の名選手に興奮を隠せません。

五番勝負

そうこうしているうちに、
名人・周防、クイーン・詩暢、挑戦者の新と千早が登壇します。

それぞれが挨拶をします。

ケーキを抱えたままの周防は、

「去年永世名人になって、もう終わりと思ってましたが、まあまだ次の目標も夢もないので、とりあえず名人戦がんばります」

その言葉に往年の名選手陣と大会関係者は苦虫を潰したような顔をします。

次に前に進められた新。

「はっはいっこんばんは」
頭からど緊張を見せた新に、みんな和みます。

詩暢は「年長のかるた会の人たちは、みんな新のこと応援しとるやろうな。やっと来てくれたって」と思います。

確かに大人たちは、
あの永世名人の孫がまっすぐ育って、周防を倒しに来たことに歓迎の意を見せます。

しかし、新は再び会場の中に祖父の姿を見ます。

自分が弱かったら。その資格がないと思われたら。
すぐにひっくり返る目線・・・。

新は恐怖を感じます。

「周防名人の胸を借りて、精いっぱいのかるたを取らせてもらいます」

胸を張ってそう言った新には大きな拍手が沸き起こります。

結川はカメラを通して見てたらよくわかる、と言います。

「綿谷くんが感じているような畏れが周防さんにはない」
「名人やのにかるたがどうでもいい」

うちが尊敬する先輩たちと真逆すぎて早く消えて欲しいと、拒否を表します。

WVを指で作り、「 WAかみや しのV」を表現し、キャッチーな挨拶をした詩暢。

千早は、キャッチーな中にも勝利への執念が・・・!と感心をしますが、

大人たちは「最近の若い人たちのやり方、目に余りませんか?」とあまり良くない反応を見せます。
そして口々に、2人の自由さや五番勝負を直談判したことなどを非難します。

「女の子たちがギスギス勝負しなくても・・・」

詩暢は割って入るように挨拶をします。

「今年もクイーン位の名に恥じぬよう、一生懸命努めさせていただきます」

千早は最初に深く頭を下げます。

「今回クイーン戦を五番勝負の新しいものにしてくださってありがとうございます。」

そして自らの思いを口紡ぎます。

「小さいころからかるた会でも部活でも男子と同じ土俵で戦ってきました」
「私は団体戦も個人戦も男女差のない、競技かるたに育てられました」

「この五番勝負でどうか、
私と若宮クイーンの鍛えてきた気力と体力をみてください」

その言葉に大人たちは沈黙します。
そして新と周防の大きな拍手に誘われて、拍手を送ります。

そんな彼女の姿を見て、渡会たち往年の名選手たちは、「いまさらなのよ」と呟きます。
そしてそれぞれ口々に三番勝負だった時の懐かし話を始めます。

山尾「もっと早く五回戦にできてたら・・・」

悔やむようにそう言います。

渡会「なに言うの。間に合ったわ、あの子たちの番に間に合ったのよ・・・」

それは三回戦であることにどこか苦しさを感じて来た往年のクイーン戦の名選手たちからの言葉でした。

何が起こるかわからないわね・・・

そんな中、突如五十嵐読手と牧野読手のインフルエンザによる欠席が発表されます。

千早は急遽参加することになった山城読手の音を聴きなおそうと思いますが、
他の3人にはあまり関係がなさそうです。

しかし、試合直前にこのような事態になり、
「何が起こるかわからないわね・・・」と千恵子は言います。

 

前夜祭も終わり、ホテルの部屋に入った千早と千恵子。
あまり食べられなかったであろう千早のために千恵子は食べ物を買ってありました。

ホテルの部屋はゴージャスなのに、どこか質素。

千恵子は、「不思議ねこんなの。ゴージャスなのに質素で」と言います。

千恵子「千早は主役のひとりなのに、アウェイで戦ってるみたいで」

そして壇上の姿はかっこよかったと、伝えます。
その言葉に「へへっ」と喜ぶ千早。

そして明日の準備をしようとキャリーバックに手をかけると・・・

なんとお父さんが送った荷物が千歳と入れ替わっていたのです・・・・!!!!

明日は名人・クイーン戦です。

 

ちはやふるの過去や最新作品をお得に読む方法

ちはやふるのネタバレや感想|【215話】をご紹介致しました♪♪

  正直…ここまで読むと文字だけじゃなくてで読みたくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

  そんな方におすすめしたいのがmusic.jpです♪

 

 

music.jpで無料で漫画が読める理由

 

まずmusic.jpをおすすめする理由を3つ説明しますと、

 

  1. 30日間は無料体験が可能!
  2. 体験中なのに961pt(961円分)無料でもらえる♪
  3. もちろん期間内で解約すれば料金はかからない!

 

そしてそしてなんと無料で読めちゃう理由があるんです…!!!

ちはやふる無料で見る方法

 

ちはやふるを無料で読んでみたい方は今すぐmusic.jpに登録して読んじゃおう(^^♪

 

※現在は1ヶ月間無料でお試しができます!※

 

ちはやふる【215話】の感想

これまで五番勝負に対する千早や詩暢の想いは描かれて来たと思いますが、これまでクイーン戦で戦って来た選手たちにも今回の決定には大きな想いがあったのが分かり、改めてちはやふるの奥深さを感じることができました。

また、新にとって詩暢との関係と千早との関係は抱いている感情が全然違うのだなぁと今回の冒頭の雰囲気でまた感じられました・・・。詩暢は良きライバルであり、負けられない相手だけど、今の千早は新にとってはそうではないのかもしれないですね・・・。

まとめ

ちはやふる【215話】のネタバレや感想をご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています(T_T)

今はmusic.jpの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

※現在は1ヶ月間無料&961ポイントついてきます※