僕たちは勉強ができない

僕たちは勉強ができない【113話】時に[x]は占卜の如何に踊るものであるネタバレ|最新話の感想も!

僕たちは勉強ができない最新ネタバレ感想

僕たちは勉強ができない【113話】の時に[x]は占卜の如何に踊るものである 最新話のネタバレが2019年6月3日の週刊少年ジャンプで掲載されたので紹介致します!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

  2019年6月3日に発売された週刊少年ジャンプ25

僕たちは勉強ができない【113話】のネタバレ 時に[x]は占卜の如何に踊るものである | 最新話の感想も!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【僕たちは勉強ができない】の過去ネタバレ話数
    【152話】
【151話】 【150話】 【149話】
【148話】 【147話】 【146話】
【145話】 【144話】 【143話】
【142話】 【141話】 【140話】
【139話】 【138話】 【137話】
【136話】 【135話】 【134話】
【133話】 【132話】 【131話】
【130話】 【129話】 【128話】
【127話】 【126話】 【125話】
【124話】 【123話】 【122話】
【121話】 【120話】 【119話】
【118話】 【117話】 【116話】
【115話】 【114話】 【113話】
【112話】 【111話】 【110話】
【109話】 【108話】 【107話】
僕たちは勉強ができない全巻無料
【全巻無料】で『僕たちは勉強ができない』漫画を最新刊含め読む方法があるか調査!漫画村の代わりに!週刊少年ジャンプで大人気連載中の『ぼくたちは勉強ができない』をできれば無料で、そして多く読みたいと思ったことありませんか? こちら...

 

 

僕たちは勉強ができない【113話】時に[x]は占卜の如何に踊るものである のネタバレ

古橋家の朝・・・バタフライフィールドの占星術の番組にて

 

テレビの声「天秤座にA型のあなた!今日は恋をするのはどうですか?気になる方に近寄るチャンス!詳しい運勢は公式ブログを参照!!」

 

古橋「わ、今日私一位だ・・・」と朝食のパンを食べながらテレビに反応。

 

父「バタフライフィールドの占星術・・・最近青年たちの間でよく当たると噂の広まっているあのブログか」と黙っていた父が食パンをボリボリ食べながら言いました。

 

古橋は父が意外にもよく知っていることに驚き、さすが大学教授だなと思ったが、父にまだ告白などは早いと言われた朝でした。

学校にて、授業の終わりを知らせるチャイムが鳴りお昼ご飯の時間が来ました。

友達と一緒にご飯を食べている時、今日のランキング一位の天秤座A型について調べてみる古橋。

検索「今日ラブ運急上昇!気になるあの人とこんなことが起こるかもしれません!!」経験したことないだけに考えるとぞっとする顔の古橋。

 

1(あーんして食べさせてくれる)
2(その人が顎クイをしくれる)
3(耳打ちであまい言葉をささやいてくれる)
4(優しく頭をナデナデ・・・)
5(夜中0時まで二人でドライブデート)
6(密室でお互い体を寄せ合わせて次第にあなたも積極的に・・・♡)

 

「こうしていてはダメだ・・・なんでも星が入ってたら気になるんだよなぁ」と心の中でつぶやき、早くご飯を食べて心の中で落ち着かせようとおにぎりの包みを開けます。

 

友達の話を聞きながら「そもそも気になるカレなんて・・・」と考えながらおにぎりを口に運ぼうとしたとき、

 

成幸「ういーす、お前ら今日の分の宿題・・・」と古橋のそばのドアを開けて話しかけてきた成幸に強く驚きました。

その拍子に古橋が持っていたおにぎりがなりゆきの方に飛んでいってしまいます。

「あ、危ない・・・(食べ物が)」成幸が咄嗟におにぎりをつかみますが、ちょうど古橋の口の中に入ってしまいました。

驚きすぎて周りが一瞬静止・・・

 

古橋「ウ、ウブブブッ!?」

うるか「ふ、ふみのっち大丈夫!?」と驚いて目を丸くしながら駆け寄るうるか。

 

りっちゃん「う、うどん食べますか!?」と食べ物をあげようとするりっちゃん。

 

なりゆき「うああああっ!!古橋、大丈夫!?ええ!?ケガしてない!?」非常事態でも起こったかのように心配しながら古橋の顎を近寄せて顔を確認しました。

古橋「だ、大丈夫・・・興奮しすぎだよ成幸君」と照れながら言います。

 

なりゆき「よ、よかった。ごめんびっくりして・・・」と返事をしました。

古橋はさっき起こったことが占いに関係しているんじゃないかとドキドキ照れながら考えていたのでした。(あーんして食べさせてくれる)(その人が顎クイしてくれる)

放課後、成幸とジョモサンに行った古橋。

成幸「よし、そろそろセンター試験に備えてマークシートにも慣れないとかないとな」と話ている横で、

「ど、動揺してるわけじゃないよ?ただの占いで・・・偶然だ、偶然!」と心の中で考えながら落ち着こうとする古橋。

 

なりゆき「砂糖」その時耳元でささやくなりゆき。

占いの通りになっていると思った古橋は恥ずかしくなり距離をおきます。「あ・・・あまい!!」(耳打ちであまい言葉をささやいてくれる)

古橋「・・・じゃなくて!! なりゆき君、甘い言葉はそうゆうのじゃなくてもっとこう・・・」と慌てていると

なりゆき「え・・・?いや、その・・・砂糖をすごくたくさん入れてると思って・・・」

古橋「ええ!!?」なんでこんなに動揺してるの・・・!?とびっくり。

なりゆき「・・・で、あまい言葉がもうちょっと・・・なんて?」

古橋「忘れて!!!」恥ずかしすぎて後ろに下がりすぎた古橋は、通りかかった店員とぶつかってしまいジュースが古橋の頭にかかってしまいます。

店員「本当に申し訳ございませんお客様!!」と泣きながら頭を下げる店員。

古橋「いいえ、私こそ!!すみません、すみません!!」頭を下げながらポタポタ垂れるジュース。

なりゆき「ちょ・・・ちょっと古橋、大丈夫・・・?」といながらポケットをゴソゴソ探り、古橋の濡れた髪の毛を拭いてくれます。

なりゆき「何してるんだよ。ほら、ハンカチ。水だけで良かったな・・・」

「ほんとうだ!!この占い・・・まじで当たってたどうしよう!!!」(優しく頭をよナデナデ・・・)

心中でパニックになりながら、りっちゃんとうるかちゃんの為にも・・・これ以上進んではダメ!!と思ったのか、

古橋「ご、ごめんなりゆき君!今日は先に帰るね!!お金はここに置いていくね!!」

なりゆき「なんだって!?」

古橋がお店を出た帰り道・・・

「危なかった・・・それにしてもこのくらい離れてたら大丈夫だよね・・・」「!」後ろから聞こえてくる足音

なりゆき「待て古橋!!!」息を荒立てながら全速力で走ってきたなりゆき。

「ど、どうして追いかけてくるの!?今日は・・・今日はこれ以上一緒にいたらダメなんだってば!!」びっくりして古橋も全力疾走。

なりゆき「古橋!!!」

古橋「だめだってば!!!」

古橋に追いついたなりゆきは小銭を持った手を差し出した。

なりゆき「これ・・これ・・おつり・・・315円・・・大きいお金だ。こうゆうのはちゃんとしないと」

古橋「あ・・・ありがとう・・・そうゆうのは早く言ってよ・・・ほんと・・・」

なりゆきを見ながら古橋は「近い・・・この状況を誰かが見てしまったら・・・」と心配した矢先、目の前の本屋から突然出てくる二人。

うるか「新しい問題集選ぶの手伝ってくれてありがとうりずりん!」

りっちゃん「ううん、私も欲しかった参考書があったので。ねえねえ、すぐうどん食べに行ってもいい?」と楽しそうに歩いてきた。

古橋はなりゆきを連れて急いで止まっていたトラックの中に隠れた。

うるか「うん?」

りっちゃん「どうかしました?」

うるか「いやー急になりゆきとふみのっちがいた気がして、気のせいだろ!」二人は古橋たちに気づかずうどんめがけて歩いて行った。

「危なかった・・・あんなくっついてる姿見られたら誤解を招くところだった・・・」と心の中で安堵する古橋。

古橋「あ・・・それじゃあなりゆき君!今日は先に帰るので明日・・・」その瞬間トラックのドアが閉まってしまった。

「・・・ドン?」「ガチャ?」そのまま進んでいくトラック。

古橋「占いすごく当たるじゃなあい!!降ろしてぇ!!!」(夜中0時まで二人でドライブデート)

なりゆき「占い?」

古橋「うん・・・正直私も自分が何言ってるのかわからない。今までの出来事で推測してみたらこの車は夜中の0時まで走り続ける可能性が・・・」

なりゆき「なんだよそれは・・・。まあこうなった以上勉強でもしながら待とうぜ」

「りっちゃん、うるかちゃん ほんとにごめん・・・」と考えながら寒くて凍える古橋。

なりゆきは古橋を見て自分のコートを脱いで着せてあげた。

なりゆき「お前さっき濡れてたじゃん。センター試験ももうすぐだから絶対風邪ひいたらダメだ」照れる古橋。

古橋「だ、だめ!こんなことしたらなりゆき君が風引くじゃん!」

なりゆき「ぼ、ぼくはそんなに寒くな・・・はっくしょん!!」

古橋「ほら ほら!!」

なりゆき「大丈夫だってば!」

コートを譲り合う二人、二人で一緒にかぶることに。

古橋「あはは、昔にもこんなことがあったよね。なんでか懐かしい」

昔の記憶・・・なりゆき「布団は古橋がかけて」 古橋「なりゆき君がかけて!私は何もかけないで寝るのが夢だったの!」・・・

なりゆき「そうだね。なつかしい・・・」

なりゆきにぴったりくっつき頭をもたれかかる古橋。

なりゆき「ふ、古橋!?」照れて貌が赤くなるなりゆき。

古橋「ぴったりくっついてないとさむいじゃない!仕方ないよ!」照れて顔を背ける古橋。

なりゆき「だけど・・・」

古橋「仕方ないってば!!」

「・・・全部、全部当たった。占いがどうだろうと・・・このトラックがどこまで行こうが・・・関係ない・・・」(密室でお互い体を寄せ合わせて結局はあなたも結局的に・・・♡)

トラックのドアが開く。

父「・・・どうゆうことだ・・・こんな所で何をしているのだ。ふみの」二人を見つめる父。

古橋「きゃああっ お父さん!!?」

なりゆき「おおお お父様!!?あれ!?もう夜中か!?」(体感時間30分しか・・・)

父「寝床にするな」

なりゆき「あれ、明るいぞ!?」

古橋「それより・・・え!?ここは・・・。私の家じゃない!!どどどどううゆうことなの!?」

おじさん「古橋レイジさん!すみません手伝いお願いしてしまって・・・最近腰が痛くてドアを開けるのもしんどくでですね・・・」

父「大丈夫だ。それよりも早くブーツを」

古橋(0時までドライブ・・・0時まで・・・レイジまで)

古橋「その零侍だったの!!?」

混乱とショックで叫び続ける古橋。

なりゆき「お、お父様。持っていくのお手伝いします」

父「いや、大丈夫だ。これは仕事に使う本だから・・・」ドサバシャバサと本が落ちる。

その本のすべてがふみのに関する本だった。

文乃「お父さん、朝の占いに詳しかったのって。。。。」

僕たちは勉強ができないの最新刊をお得に読む方法

僕たちは勉強ができない【113話】のネタバレ|最新話の感想も!をお届けいたしました!!

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

U-NEXTの継続率が高い理由
  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

 

現在キャンペーン中
  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

 

 

僕たちは勉強ができない【113話】の感想

筒井先生の持ち味であるオカルト回プラスギャグでした。最近はギャグも今ジャンプで連載してる布陣の中では光っていると思います。

予告はなかったけど、次回は順番的に理珠回かなと思っています。

まとめ

僕たちは勉強ができない【113話】のネタバレ|最新話の感想も!をご紹介いたしました。

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!