BEASTERS

BEASTERS【最新話144話】「吾輩は猫科である」のネタバレや感想!

BEASTERSのネタバレ最新

【BEASTERS】の最新第144話が2019年9月12日の週刊少年チャンピオンで掲載されたので紹介致します!

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

2019年9月12日に発売された少年週刊チャンピオン41号

BEASTERS【最新話144話】「吾輩は猫科である」のネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【BEASTERS】の過去ネタバレ話数
【145話】 【144話】 【143話】
【142話】 【141話】 【140話】
【139話】 【138話】 【137話】
【136話】 【135話】 【134話】
【133話】 【132話】 【131話】
BEASTARS全巻無料
『BEASTARS』を【全巻無料】で最新刊も読む方法をチェック!週刊少年チャンピオンで連載中の話題の漫画『BEASTARS』をできれば無料で、そして多く読みたいと思いませんか? 今回は、『BEA...

【BEASTERS】の最新話144話「吾輩は猫科である」ネタバレ!

ルイは婚約者のアズキと一夜を共にしようと試みたことで、自分が同族の雌よりも

肉食獣に惹かれている事実に気付き、予てから気になっていたシシ組にコンタクトを取る

 




 

シシ組とルイ

自らシシ組にコンタクトを取り合流したルイは

(俺は やっぱり… おかしくなってしまったんだ…

 同族の雌鹿とホテルで抱き合うよりも

オスの肉食獣に囲まれている方が断然落ち着く…)

 

と久々の会合に内心の感情と安堵と喜びの表情を隠すように

「ハァ~・・ お前ら本当くっせぇな…」と腰に手を当てて呟いた。

ルイの合流に備えてわざわざスーツに着替えて出迎えたシシ組の組員達は居合わせているレゴシに

「わざわざスーツに着替えたのに…俺らネコ科の体臭はそんなにキツいか?」と小声で尋ねるが、

「イヌ科も相当なので俺からはなんとも…」答えにくそうに応じるレゴシ。

ルイは自分の表情が緩んでいる事に気付くと、慌ててレゴシに「ちょっと来い」と焦った顔で声を掛けた。

シシ組の8匹から距離をとって2匹だけになったレゴシとルイ。

ルイはレゴシからシシ組に合流して経緯とメロンの弱点になり得るコピ・アルクの存在を聞かされ、

「事の経緯は大体分かったが…なんでお前はこうまで俺の視界に入ってくるんだ」

とレゴシに声を掛けるが、足に心配をし始めてまともな答えが帰って来ないので、

話をメロンに戻す。

「本気でシシ組と手を組んでメロンの情報を入手するつもりなのか?」と怪訝な顔でレゴシに尋ねる。

「ハ…ハイッ 俺はメロンを一度逃がした責任もあるし 彼を捕まえたいんです」

と額に汗をかきながら答えるレゴシだったが、

「肉食と草食ハーフの男を捕まえてもの 

        ハルとの幸せは保証されないぞ」

 

とルイに心の底を見透かされた様に真剣な顔で忠告されて何とも言えない表情を浮かべてしまう。

ルイから目線を逸らしながら

「肝に銘じておきます…

シシ組の彼らもルイ先輩と一緒なら一層気合が入るようですし

よければ1匹ずつ俺に紹介してもらえると…」と離れた位置で待っている8匹のライオンに目を向ける。

ルイも視線を向けてシシ組の顔を見るが

「あいつらを?…

 全員ライオン!以上だ」

 

と険しいようなコミカルな顔でレゴシの提案をバッサリ切り捨てる。

遠くでそのやり取りを聞いていた組員達は

「ちょっとちょっとそれはないぜーー!!」

「俺はインドライオン」「俺はコンゴライオン」「俺はマサイライオン」

 

と情けない顔でルイに駆け寄るシシ組を見て(皆嬉しそうだな…なんか)と引き気味でシシ組の気持ちに共感するレゴシ。

鬣が長くて多いライオンを「彼はドルフこの中では一番真面目な男だ」

マスクをつけたモヒカン状の鬣のライオンを「彼はサブ一番年長者だ」

眉毛が丸く、首の鬣が豊富なライオンを「交渉術に長けているドープ」

右目に痣のあるライオンを「ドンマは裏市の土地勘に強く…」

右目に爪の傷跡を付けたラオ音を「こいつはフリー趣味は女遊びと暴力」

色黒で目の下に斑点をつけたライオンを「で一番若いのがアガタ 体力もある」

鬣がカールしているライオンを「彼はヒノそのルックスで仕事を持ってくる男だ」

最後にドレッド状の鬣のライオンを「三―ゲルは腕っぷしが強い」

 

「ま いずれも重度のマタタビ中毒だが根本的には信頼できる奴らだよ」と8匹にライオンをレゴシに紹介するルイ。

強き被食者

 

ルイの言葉にドルフは 

勿論だ!

もとは35匹のいたシシ組がここまで減ったんだ 

残ったこの8匹はイカれた精鋭たちだと思ってくれていい」

 

と真剣な言葉でレゴシに詰め寄る。

精鋭という言葉に疑問を感じたレゴシが聞き返すと

「あぁ… 

アゴを鍛えることで食肉欲を発散していて今の俺たちは日々強くなっている 

        それもすべて…ルイのおかげでな…」

 

その言葉共にドルフが2匹の目の前に出したのはルイの抜け落ちたツノだった。

しかしそのツノはライオン達の噛み痕でボロボロに…

 

「あ!? これこの前 抜け落ちた俺のツノ!!」

差し出されたツノのあまりの変形ぶりに仰天するルイ。

「黙っているのもなんだと思って…

あれからずっと肉を食いたくなった時は皆で順番にこれをかじってたんだ 

メロンに食肉を禁じられている俺たちには どれだけありがたいシロモノだったか…」

ドルフは変形の理由を正直にルイに説明と

「フクザツだろうけど…ダシがきいてて すごく旨いツノだったよ 

                     勝手にこんなことしてごめん…」

アガタがルイに対して申し訳なさそうに謝罪した。

肉食獣にとっての自分の立ち位置を再確認したルイは変形したツノを見て目を見張り視線を落としていたが、

 すぐに顔を上げて凛々しい表情に切り替えシシ組8匹とレゴシに背を向けた。

「さっさとコピ・アルクに会いに行くぞ…裏市は道もせまいから徒歩だろ」

ルイのそんな態度にアガタは謝罪を続けるが

「聞こえないな お前らは旨い物を食わしてもらって謝るのか?」

と肉食獣たちに背を向けたまま返答するルイの言葉に、謝罪が間違いだと感じたシシ組8匹。

「ご…ご馳走様でした!!」

 

ルイの背中に向かって、姿勢を正し頭を下げるライオン達を見て

(尋常ではない 強き被食者…これが ライオンを従えるシカの姿)

レゴシがそう感じているとルイはライオン達に振り返り

「それでいい」と自信たっぷりの表情で笑ったのでした。

 

ネコ科の霊感

 

裏市着いてコピ・アルクのアジトを探す一同だったが、アジトの場所を巡ってシシ組内で意見の対立が勃発する。

土地勘に自信のあるドンマだったが、

「いやいや さすがに お前1匹にゃ任せらんね~わ」と釘を刺すフリー。

そんなライオン達を見てルイは

「夜が明けるぞ このままだと…さっさといつものやつで決めろよ」と解決策を提案する。

ルイの言葉の意味が分からず不思議そうにするレゴシだったが、

「仕方ねぇ… オオカミの前でこれをやるのはちょいと気が引けるが…」とバツが悪そうにするドルフ。

レゴシの「何ですか?」という質問もフリーが「お前は見てろ!!口出し無用!」の言葉に遮られてしまう。

「全員ヒゲを1本抜け!!」

 

ドルフの言葉と共に8匹は自分の口元から1本のヒゲを抜くとそれを回収して片手に持つドルフ。

裏市の道に向かって8本のヒゲを翳すと、多数のヒゲが階段に向かう方向を指した

「階段だな」  「あぁ…こっちに向いている」

           「うん じゃあこっちにしようぜ」      「ハイ決定」

 

とライオン達はヒゲの差しは方向に向かう事に全く異存がない様子だったが、それを見ていたレゴシは

「ヒゲに決めさせるんですか!?」

と慣れないネコ科文化に驚愕してついつい口を挟んでしまう。

フリーは「占いだ」とレゴシの言葉を訂正し、8本のヒゲを手に持つドルフは

「俺たちネコ科は何か決断を下すとき占いに頼るんだ

火 風 土 水 … 四大元素が元になる占いは

ネコのヒゲがよく道具に使われる 空気にわずかな動きも感じとるからな これは

ネコ科の肉体は霊感が強くてスピリチュアルなことにはかなり精通しえるんだ

俺たちは自分の死を予感することだって出来る」

そう言ってネコ科の特性を誇らしげにレゴシに解説する。

ネコ科は自分の死期を予感して葬儀屋に自ら予約を入れることもあるという。

死期を予感し世話になっている職場や家族の前から突然姿を消して1匹で淡々と身辺整理をこなのすのだった。

「冷たい…自由奔放…誰にも媚びずに自分勝手 

ネコ科がそう言われがちなのは霊感に従って生きているからだ

でもいつだって占いの結果を良くするのは自分の行動次第だと俺たちは分かっている」

ドルフがそう続けるとフリーは「ルイをボスに決める時も相当占ったよなー俺ら」と言って

当時のことを思い出した。

「当たるだろライオンの霊感 ルイが頭をやっていた時のシシ組は最高の組織だった」

ルイの顔を見ながら話すドルフだが

「占いでメロンという男をボスにした結果一生分かり合えないと思ってたオオカミとこうして行動してるし これが良い結果になることを願うぜ」

と話しながら今度はレゴシの方に顔を向けた。

ルイとレゴシを置いて会談を進み始めるライオン達、ルイは

「楽観的だな… ネコ科らしいけど お前は案外信じなそうだよな そういうそ」

そうレゴシに語り掛けライオン達の背中を追う。

(…でも 俺もルイ先輩の右足を食べた あの夜を…過ちにしないように毎日生きている)

ライオン達とルイの後姿を見ながらそう考えたレゴシは先頭のドルフの元に行って

「イヌ科に霊感はないですけど…これ よければ…」そう言いながら自分のヒゲを一本差し出した。

「使えねぇーよ 

     オオカミの鈍感なヒゲなんて!!

                            一応加えてやるけどな」

ドルフはレゴシのヒゲを受け取りへたり始めた8本のヒゲに加えて裏市を進むのだった。

 

 

 

BEASTERSの漫画をもっと読みたい!!

BEASTERS・・・

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

U-NEXTの継続率が高い理由

  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

 

現在キャンペーン中

  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

 

【BEASTERS】最新話144話「吾輩は猫科である」の感想

ネコ科って霊感強いんですね!!びっくりしました。

数回前から頻りにネコ科の誇りを語っていたシシ組でしたが、確かにイヌ科とは生態もかなり違うのかもしれませんね。

最初は怨恨も交じってなのか、めちゃめちゃオオカミ毛嫌いしていましたし…

ネコ科とイヌ科には通常でも大きな溝や対立があるのかと疑ってしまいます。

ボロボロのツノを見た時のルイの心境は計り知れませんが、こういう時肉食と草食の圧倒的な違いを感じてどんな気持ちになるんでしょうか?

それでの彼は肉食と共に生きていける強さがあるのでしょうね。

次号、急展開の見出しがあったのでコピ・アルクにアジトには辿り着けるのかもしれませんね。

まとめ

BEASTERS】の最新話144話「吾輩は猫科である」のネタバレや感想をご紹介いたしましたがいかがでししたでしょうか?

 

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!