バキ道

バキ道【80話】の最新話ネタバレや感想!「最後の全力」

バキ道ネタバレ感想

バキ道【80話】の最新話が2020年12月10日の週刊少年チャンピオンで掲載されたので紹介致します!

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 2020年12月10日に発売された週刊少年チャンピオン

バキ道【80話】の最新話のネタバレや感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

 

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTでお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【バキ道】の過去ネタバレ話数
【80話】 【79話】 【78話】
【77話】 【76話】 【75話】
【74話】 【73話】 【72話】
【71話】 【70話】 【69話】
【68話】 【67話】 【66話】
【65話】 【64話】 【63話】
【62話】 【61話】 【60話】
【59話】 【58話】 【57話】
【56話】 【55話】 【54話】
【53話】 【52話】 【51話】
【50話】 【49話】 【48話】
【47話】 【46話】 【45話】
【44話】 【43話】 【42話】
【41話】 【40話】 【39話】
【38話】 【37話】 【36話】
【番外編 REVENGE TOKYO No.5/話】 【35話】 【34話】
【33話】 【番外編 REVENGE TOKYO No.4/話】 【32話】
【31話】 【30話】 【番外編 REVENGE TOKYO No.3/】
バキ道全巻無料
『バキ道』を【全巻無料】で読む方法はココ!最新刊も含めて漫画をお得に!週刊少年チャンピオンで大人気連載中の『バキ道』をできれば無料で、そして多く読みたいと思ったことありませんか? こちらの記事では『バ...

バキ道【80話】の最新話ネタバレ!

 

烈海王の跳び蹴り

克己は空中に飛び上がり烈海王のような跳び蹴りを獅子丸の顔に直撃、実況もその光景が中国拳法のような飛び蹴りが決まったことに興奮している。

克己は自分に宿っている烈に全体重を乗っけた跳び蹴り食らわせたが獅子丸はまだ立っていると烈に語りかけた。

獅子丸は鼻血を豪快に吹き飛ばし回しを叩いて「残念だが最後の全力だ」と言ってこれで勝負が決まると告げる。

 

大相撲の力

これで自分が勝たなければ克己の勝ちだと言って獅子丸は克己に突進、克己は烈に大相撲を堪能出来るぜと告げて空手の構えを取る。

克己流の神速5連突きが獅子丸に決まるが獅子丸は倒れずにその豪腕を縦横無尽に振り回す、速く重いその連撃をかわしていく克己。

再び5連突きを食らわすがやはりそれでも獅子丸は倒れずにそのまま克己の肩を鷲掴みにして地面に叩きつける。

 





バキ道の最新巻が読みたい!!

バキ道最新話80話「最後の全力」のネタバレでした!

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスをU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

バキ道【80話】の最新話の感想!

 

もう前みたいに世間を賑わせていた大相撲の話題も消えましたからね。

やはりちょっと対戦相手としては物足りない感じですねー、烈復活は熱かったですけど。

克己って強そうなのにめちゃくちゃかっこいい場面少ないですからね。

頑張って欲しいものです。

 

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!