週刊少年ジャンプ

火ノ丸相撲【243話】[土俵の上に人間は」のネタバレ・感想!

火ノ丸相撲最新ネタバレ感想

  火ノ丸相撲【243が2019年5月20日の週刊少年ジャンプで掲載されましたね!

 

  こちらで今回ご紹介するのは下記の記事になります!

 

  2019年6月3日に発売された週刊少年ジャンプ27

火ノ丸相撲【243話】最新話[土俵の上に人間は」のネタバレ・感想!

 

こちらの記事では文字だけでネタバレや感想をお伝えしております。

「漫画を画像付きで読んでみたい♪」という方は、
U-NEXTお得に読めちゃうのでおすすめです!

 

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

※今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる!※

 

2019年【火ノ丸相撲】の過去ネタバレ話数
  【250話】 【249話】
【248話】 【247話】 【246話】
【245話】 【244話】 【243話】
【242話】 【241話】 【240話】
【239話】 【238話】 【237話】
火ノ丸相撲全巻無料
『火ノ丸相撲』を【全巻無料】で最新刊も読む方法をチェック!週刊少年ジャンプの大人気相撲漫画『火ノ丸相撲』をできれば無料で、そして多く読みたいと思いませんか? 今回は、『火ノ丸相撲』を全巻無...

火ノ丸相撲【243話】最新話[土俵の上に人間は」最新話のネタバレ

前回のあらすじ

鬼丸と部長の取り組みは鬼丸が勝利した。その後二人は涙を流し、土俵で再び会えたことを喜び合った。

そして千秋楽結びの一番・・・優勝決定戦をかけた運命の一番がはじまる・・・!

火ノ丸相撲最新ネタバレ感想
火ノ丸相撲【240話】[鬼丸国綱とお義父さん」のネタバレ・感想!   火ノ丸相撲【240話】が2019年4月15日の週刊少年ジャンプで掲載されましたね!   こちらで今回ご紹介するのは下記の記...

立行司 木村庄之助

場面は相撲の取り組みを審判する行事、その中でも頂点である立行司 40代目木村庄之助へのインタビューで始まる。

庄之助の名は行事としての最高位の証であり、本割では結びの一番のみを審判する。彼の腰には担当がさしてあるが、これは立行司のみがつけているものだ。軍配を差し違えたときに「切腹」するためのものである、という説もある。立行司はそれだけの重圧と責任を背負って土俵に立っているのだ。

そんな彼にとってもこの一番は一際常圧と責任を感じていたという。

「異様な雰囲気でした。」                             「会場は草薙関への声援一色・・・いや声援というにはあまりに・・・」

会場の歓声は「ここで勝たなきゃいつ勝つんだ!!」「大和国が泣いてるぞ!!」といった草薙への叱咤といえる歓声がほとんどだった。                    だがそれは優勝決定戦が見たいという意思の表れなのだろう。

優勝決定戦の可能性

千秋楽を終え優勝決定戦への出場権がある力士は三人いる。大包平と冴ノ山、そして鬼丸である。

大包平は鬼丸に続けて冴ノ山にも黒星を喫していた。だが、その後も集中を途切れさせることなく取り組んだ。千秋楽では合口が悪いといわれていた三日月を相手にするも、足取りで寄り切って勝利していた。

冴ノ山は横綱に土をつけたのちも順調に勝ち続けた。出稽古に積極的に取り組んだためか、彼もまた合口の悪い難敵御手杵相手に白星を積んだ。

千秋楽で草薙が刃皇に勝てば4人による優勝決定戦となるのだ。            ただし、逆を言えば刃皇が勝てば引退し、現役最後の一番となる・・・

運命の大一番

この取り組みを振りかえって立行司は横綱についてこう語る。

「かつてないほど集中していました。観客の望む展開にはならないだろう」

しかし、土俵に上がった大関草薙はただならぬ雰囲気をまとっていた。

「人ならざる者の気配といいましょうか」

「あの時土俵の上に人間は私一人しかいませんでした」

「すべてを見透かすようなあの目…あれはきりょいく体力十分な頃の…

全盛期の大和国ですよ…」

 

この一番、もし平成の大横綱大和国が万全の状態で史上最強と言われる横綱刃皇と向かい合ったら… そんな幻想を現実にするものといってよいだろう。

草薙は立ち合いでいきなり必殺の右上手を取る。だが刃皇は即座に上手を切り、草薙のサイドにつけた。

立行司は語る。

「あの時あの瞬間、刃皇は間違いなく全盛期の大和国よりも強かった

「しかし勝負というのは面白いもので、必ずしも強いものが勝つとは限らないんですなぁ」

 

 

 




火ノ丸相撲の最新巻が読みたい!!

火ノ丸相撲【243話】最新話[土俵の上に人間は」のネタバレ・感想をご紹介しました!

 

ここまで読むと

 

  • 「文字だけじゃ物足りないよ!!!」
  • 「絵付きで読みたいよ!!!」

    っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?!

 

  そんな方におすすめしたいのがU-NEXTです♪

 

U-NEXTでお得に漫画が読める理由

 

U-NEXTをおすすめ理由は3つあります。

  1. 31日間の無料トライアルが可能!!
  2. 無料期間の時に600pt(600円分)がもらえる♪
  3. 期間内にやめてももちろん料金は発生しない!

 

無料トライアルで登録してすぐに600ポイントがもらえちゃうんです!

 

600ポイントですぐに最新刊が読めちゃうお得なサービスU-NEXTが開催中なので
是非このキャンペーン中に登録してみてくださいね!

 

U-NEXTの継続率が高い理由

  • 実は毎月1200円分のポイントがもらえるし翌月にも繰り越せる
  • ポイントの有効期限は90日間
  • 映画の割引チケットにも使えちゃう♪
  • アダルトもあるのでレンタルしに行く必要なし(*‘ω‘ *)

 

現在キャンペーン中

  • 31日間無料登録
  • すぐに600ポイントを無料でもらえる
  • すぐに最新刊が読めちゃう

 

是非このお得なキャンペーン中にU-NEXTに登録してみてくださいね!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

■今なら30間無料トライアル&600円分のポイントがついてくる■

 

登録方法&解約方法は↑のボタンから解説しております。

(30日間無料トライアル&期間内に解約してもお金はかかりません)

火ノ丸相撲【243話】最新話「土俵の上に人間は」の感想!

運命を決める大一番が始まりました!

前回の最後に草薙は8敗と負け越しが確定していると分かった時、彼に何とも言えない頼りなさを感じましたが、今回の演出でいい意味で裏切られましたね。           彼の「大和国になる」という目標から、鬼丸との取り組み後のかれは何かを試すように相撲を取っていたんじゃないだろうかと予想している人がいました。これは大当たりだったようですね。

まとめ

火ノ丸相撲【243話】最新話「土俵の上に人間は」のネタバレ・感想!をご紹介いたしました。

少し前までは【漫画村】などで漫画が無料で読めましたが今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなってしまっています。

今はU-NEXTの無料キャンペーンがありますがいつまで行うかなんてわかりません…><

 

せっかくのチャンスですしまずは登録して読んでみて嫌だったら解約しちゃおう♪
な気持ちで登録するのはいかがでしょうか?(^^♪

 

 

また次号も楽しみに待ちましょう!!