外面が良いにもほどがある。

外面が良いにもほどがある。「優しい毒薬2」【10話】のネタバレや感想

外面が良いにもほどがある。のネタバレ最新

外面が良いにもほどがある。「優しい毒薬1」【9話】のネタバレや感想をご紹介致します!

 

ハビ
ハビ
ネタバレ注意!!!

 

2019年【外面が良いにもほどがある。】の過去ネタバレ話数
  【10話】 【9話】

外面が良いにもほどがある。「優しい毒薬2」【10話】のネタバレ

卵入りのハンバーグを知らずに食べてしまった杏奈はその場にうずくまり、過呼吸になってしまいます。

蕁麻疹も出て苦しそうな杏奈を見て雅由も焦ります。

そのまま病院に搬送されて処置を受けた杏奈。

焦っていた雅由も状態が安定した杏奈を見て「ごめんなーっ」といつもの軽いノリに戻ります。

もう杏奈はうまく笑うこともできませんでした。

そこにやってきた荒尾。

「ふざけんなよ!」と雅由につかみかかります。

「自分の彼女殺す気かよ!」と激怒する荒尾に「何、マジになってんの?」とかわす雅由。

荒尾は杏奈が雅由の浮気を知っていたことを話します。

すぐに謝る雅由。

「杏奈は優しいから許してくれるって甘えてた」

荒尾は「命に関わるんだよ」「死ぬほどツライんだよ」と雅由を責めます。

それを聞いて杏奈も我に返りました。

「この人と付き合うのは命がけってことかい」「そこまでする価値のある大物なの!?」

自問自答する杏奈。

どんどん雅由がふがいなく思えてきて、とうとう便所の落書きくらいにしか見えなくなりました。

ようやく雅由との別れを決意し、すがる雅由を振り切ります。

その後荒尾がお見舞いにやってきて、卵なしのハンバーグを作ってきてくれます。

冷たく厳しいと思っていた荒尾の優しさが急にまぶしく感じる杏奈。

実は思いやりのある人だったと気づき、荒尾を男として意識します。

やっと雅由の呪縛から解放され、新たな恋に踏み出す杏奈なのでした。

外面が良いにもほどがある。「優しい毒薬2」【10話】の感想

いやー、よかったですね!

ようやく洗脳が解けたようです(っ´ェ`c)

ずっと近くで支えてくれた荒尾の存在も認識できて、ようやく杏奈にも幸せがおとずれそうです。

一度依存体質になってしまうと、こうした荒治療じゃないと目が覚めないのかもしれません。

浮気はする、思いやりはない、見せかけの優しさだけの彼氏なんていない方がマシですもんね。

本当の意味でお互いを支え合える相手を見つけるのって難しいな、と。

杏奈と荒尾はこれからですが、幸せになってほしいです♪

まとめ

外面が良いにもほどがある。「優しい毒薬2」【10話】のネタバレや感想をご紹介しました!

いかがでしたでしょうか?